2012年10月05日

SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド

SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド

 前作「ワールド」を一年以上ずっとプレイし続けた私が、今か今かと待ち焦がれたシリーズ最新作です。今回は「ワールド」をアップグレードし、新規参戦作品を中心に、機体数やキャラクター数を大幅に増やしています。
 ストーリー面もオリジナルと原作がほどよくブレンドされた二本立てになっています。マップは前作にもあった「ジェネレーションブレイク」が二回発動するようになったほか、「オーバーインパクト」でゲストキャラクターが敵になるシチュエーションも追加され、やや難易度が高くなりました。この点は、自分で縛りプレイを課さないかぎり、同じマップには何度でも挑戦できるため、とくに問題にはならないと思います。

 オリジナルキャラクターのエディットが強化されていますが、前作と比べて一長一短な出来なので、過剰な期待は禁物。補助的な気分で使うのがベストです。声優を選べるのは面白くて良いと思いました。

 覚醒値のパラメータ調整により、初期段階ではやや回避が低いところには気をつけましょう。今までどおりの気分で回避に頼ると、すぐに重要なユニットが落とされる羽目になります。私も実際のプレイでマスターユニットを何度も撃墜(もちろんゲームオーバー)されました。以下、個人的に気になった変更点を挙げます。

■キャラクタースキルの変更
 前作のキャラクタースキルは固定されていて、キャラクターの特性はほとんど決まっていましたが、今回はスキルを自由に割り振れるようになりました。この変更で、これまで日の目を見なかったキャラクターを活躍させるチャンスが増えました。スキル枠が5から3に減りましたが、特徴を出すにはこれくらいが良いと思います。

■武装の変更
 個人的には、一番大きな変更だと思います。機体の武装には、これまで「ミサイルx3」とか「ビームキャノンx2」といった複数回攻撃できるものがありましたが、これが全て単発攻撃に改められ、攻撃力は合算されました。過去のシリーズでは多弾倉のミサイルが強い傾向にありましたが、これにより全ての武装がイーブンになりました。攻撃の結果が予想しやすくなったため、支援を多用するプレイヤーには朗報だと思います。

■戦艦の変更
 これまで戦艦の回頭には1ターン必要でしたが、これが何度でも可能になりました。つまり回頭後に確定しないため、そのまま移動もできます。戦艦の配置と向きはマップ上での戦術にとって重要な位置を占めるため、大きな変更と言えるでしょう。機体の回収枠が撤廃されたのも地味に大きいです。今作では捕獲のチャンスが多いためだと思いますが、これは嬉しい変更です。

 小さな不満もないことはないですが、それはコアなファンゆえの期待のあらわれであって、ガンダムのゲームとして十分に満足できる作品です。前作のファンも、これから始めるガンダムファンにもお勧めの一本です。
posted by 竜田光生 | Comment(0) | TrackBack(0) | シミュレーション

2011年04月19日

ガンダム ジージェネレーション ワールド

SDガンダム ジージェネレーション ワールド(通常版)

待った甲斐があった! やっと自信を持ってお勧めできるGジェネがでました!

今作はスカウトできるキャラクター数が300以上、機体数もボリューム大幅アップ。前作『ウォーズ』で不満だった部分はこれでほとんど解消されました。キャラクターに関しては黒い三連星やザビ家、シュラク隊などが全員使え、MSはMSV含めマイナー機体も揃っていると言えば、ファンにはお分かり頂けると思います。

システムは前作をほぼ継承、もともと良かった部分なのでこれは嬉しいです。システムを毎回変えていた時期もありましたからね( ;´ω`) 戦闘シーンはスピード感が増し、テンポが良くなりました。前作までのコックピットカットインから、通常のカットイン挿入に切り替えたのが良かったのかもしれません。あれはいいアイディアでしたが、戦闘のたびに挟まるのでテンポは犠牲になってました。

シナリオは原作再現とオリジナル要素がミックスされた、これまでにない試みで楽しめます。難易度も程よい(あくまで主観です)と思います。

できるならば、このまま使えるキャラとMSを増やし続けてもらいたいです。
バージョンアップ版でもいいのでお願いしたい( *´ω`)

シリーズファンなら間違いなくお勧めです!
posted by 竜田光生 | Comment(0) | TrackBack(0) | シミュレーション

2010年02月18日

ジージェネレーション ウォーズ

SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ(特典なし)

これまでずっと気になっていましたが、様子見で我慢していた『ジージェネレーション ウォーズ』をやっとプレイしました。

正直な感想として、前作『スピリッツ』と比べ、とても良くなっていました! しかし不満点も……( ;´ω`)


気になった項目をいくつか挙げて説明したいと思います。

・マスターキャラクター
実際にプレイするまでこのシステムがよく理解できなかったんですが、簡単に言うとレンタルキャラクターを時代ごとに分割して使えるようにしたものです。たとえばアムロを選ぶと一年戦争のキャラが使え、シリーズの最終面をクリアすると、新たにもう一人選べるようになる、といった感じです。

・ウォーズブレイク
今回の目玉システムですが、これはごく簡単に言うと増援部隊出現のスイッチです。増援を出したくなければ条件を満たさないなど、調整ができます。

・グループ編成
前作ではマスターユニットが別部隊でしたが、今回は1グループとして編成できます。このおかげで1マップに2部隊出せるようになったのは大きな改良点です!

ユニット関係では、設計・開発に加え『交換』が追加されました。このシステムも改良点の1つ、これまで開発の行き止まりのせいで育て甲斐のなかったユニットも、同性能の他ユニットに交換できます。

キャラクター育成も新しくなり、活躍することでたまるエースポイントをスキルやパラメータに任意で割り振れます。弱いキャラも育てやすくなりました。

・戦闘
かなりテンポが良くなりました。各キャラにカットインが用意され、演出面が大幅強化されました。とくに、前作で中途半端に採用されたコックピットカットインが全キャラに搭載されたことが大きいです。

支援攻撃に『支援防御』が追加されたのも嬉しい変更点です。強力なユニットと組ませれば、弱小ユニットを育てやすくなりました。


ここまで良い点を挙げてきましたが、悪い点も挙げたいと思います。とにかく最大の不満点は『キャラクターが減った』こと。パイロットが中途半端に登場していて、各作品ごとに使えたり使えなかったりの差が激しいです。

ジージェネレーションは、キャラクターがメインのゲーム(もちろんMSも大事です)と思っている私としては、誰が使えないとか、いないという状況は大いに問題ありです。これだけ演出面を頑張れば、いくらか削られるキャラがいてもおかしくはないと思います。でも、いくらなんでも偏り過ぎです。使ってたオリジナルキャラもバッサリと!……( ;゜ω゜)

贅沢な願いなのかもしれませんが、一度でいいからガンダム作品の全キャラが勢ぞろいしたジージェネレーションが見たいです。


色々書きましたが、何だかんだ言って面白いです( *´ω`)
posted by 竜田光生 | Comment(0) | TrackBack(0) | シミュレーション

2009年10月31日

勇者のくせになまいきだor2



■紹介
『勇者のくせになまいきだor2(以下勇なま2)』はアクワイア開発のダンジョン・クリエイティブRPG。聞きなれないジャンルですが、プレイヤーは『破壊神』としてダンジョンを掘り進み、生息するモンスターの生態系を管理しながら、やって来る勇者たちを撃退するという、シンプルなゲームです。

■突然変異
シンプルゆえに奥が深く、適当に掘り進めたのではなかなか勇者に勝てません。『勇なま2』ではモンスター間の食物連鎖に加え、3種類の突然変異も追加され、さらに攻略のバリエーションが増しています。突然変異はモンスターの死因に大きなな影響を受けますが、これを管理するにはプレイヤーの経験と知識が試されます。

■時代はストイック?
シンプルなシステムと二世代前のグラフィック、ゲーム内に攻略の助けとなるパワーアップアイテムやレベルの概念を持たず、ただひたすらプレイヤーの腕によるストイックなプレイスタイルながら、『勇なま』シリーズはすでに17万本あまりを売り上げています。

同じくストイックかつ高難易度なRPG『モンスターハンター』シリーズが、ゲーム初心者も含め、多くのプレイヤーに受け入れられ、累計250万本を超えるヒットになったことを考えると、時代はストイックなゲームを望んでいる!?

意気込んでみましたが、面白いゲームは売れる……ゲームが生まれたときから変わらない、簡単な理由かもしれませんね(  ´ω`)

腕に自信のあるプレイヤーの皆さんには、ぜひ挑戦してもらいたいゲームです。私はストーリーモードの最終面でまだ詰まってますが( ;´ω`)
posted by 竜田光生 | Comment(0) | TrackBack(0) | シミュレーション

2009年10月07日

三国志11 with パワーアップキット



■紹介
『三国志11』は「三国志演技」などをもとにしたコーエーの歴史シミュレーションの11作目。三国時代の英傑の一人となり、水墨画調の3D1枚マップで描かれた中国大陸を統一します。

同じく一騎討ちや舌戦も3Dで展開。特技を使った「突き飛ばし」や「引き込み」で罠を発動させるなど、計略以外の戦術も加わりました。前作『三国志X(10)』と違い、今作では君主プレイのみ。
続きを読む
posted by 竜田光生 | Comment(2) | TrackBack(0) | シミュレーション