2012年05月02日

バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ

バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ

「バイオハザード」シリーズの外伝的作品「アウトブレイク」系シリーズの新作です。
海外レビューサイトの酷評が不安を煽りましたが、内容はいたって堅実なTPS(サードパーソンシューティング)です。海外はシューターに対して非常に評価が厳しいので、あれほどの酷評を受けたと思われます。

ストーリーはちょうどレオンがラクーンシティーに到着する前後から始まります。主人公たちウルフパックは、アンブレラに雇われ、ラクーンシティーにおける「事件」の証拠・目撃者の隠滅に奔走します。なかなかスッキリしたストーリーラインであり、主人公たち(ガスマスク集団)も見た目に反して個性的、キャラも立っています。アンブレラの事件への関与やその後の対応など、本編ではほとんど触れなかった事柄も意外に丁寧に描写しているため、こっちが本編なら、あと二作もあればしっかりとシリーズを着地させられたな……、と残念に思うくらいです。

ゲーム内容は、謎解き要素のない軽快な「バイオ4」と思えば間違いありません。射撃戦も接近戦もアバウトな感覚ながら扱いやすく、なぜあんなに酷評されたのか不思議に感じます。オフラインも先述の通りストーリーはしっかり描かれていて、事前の情報よりも充実しています。オンラインは協力・対戦ともにお手軽な頃合になっており、遊びやすいと思います。

ひいき目かもしれませんが、シリーズのなかでもかなりお勧めの作品です。
ただ、今作にはDLCでカバーされる政府側を描いたストーリーがもう一本あり、それが二本に分割されてそれぞれ1000円(一話のみ無料)、しかも後編の配信日は発売から一ヶ月以上先……、それさえなければ手放しで推薦してもよかっただけに、残念です。
posted by 竜田光生 | Comment(0) | TrackBack(0) | アドベンチャー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55621871
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック