2011年04月22日

Dragon Age:Origins - Awakening(ドラゴンエイジ:オリジンズ アウェイクニング)

Dragon Age:Origins - Awakening (本製品は拡張パックのため、単体ではプレイできません)

ドラゴンエイジ:オリジンズ』の大型拡張パックです。
クリア時間は急ぎ足でも約20時間、値段分の価値は十分にあります。

新規にキャラクターを作って遊ぶこともできますが、レベル18から始まることと、本編の選択でストーリーが少しずつ変化することを考えても、前作のキャラクターをインポートするのがお勧めです。

新キャラクターや武器、ストーリー、マップなど、工夫を凝らしたなかなかの出来栄え。前作を楽しんだユーザーにはぜひ遊んでもらいたい一本です( *´ω`)
posted by 竜田光生 | Comment(5) | TrackBack(0) | ロールプレイング

2011年04月19日

ガンダム ジージェネレーション ワールド

SDガンダム ジージェネレーション ワールド(通常版)

待った甲斐があった! やっと自信を持ってお勧めできるGジェネがでました!

今作はスカウトできるキャラクター数が300以上、機体数もボリューム大幅アップ。前作『ウォーズ』で不満だった部分はこれでほとんど解消されました。キャラクターに関しては黒い三連星やザビ家、シュラク隊などが全員使え、MSはMSV含めマイナー機体も揃っていると言えば、ファンにはお分かり頂けると思います。

システムは前作をほぼ継承、もともと良かった部分なのでこれは嬉しいです。システムを毎回変えていた時期もありましたからね( ;´ω`) 戦闘シーンはスピード感が増し、テンポが良くなりました。前作までのコックピットカットインから、通常のカットイン挿入に切り替えたのが良かったのかもしれません。あれはいいアイディアでしたが、戦闘のたびに挟まるのでテンポは犠牲になってました。

シナリオは原作再現とオリジナル要素がミックスされた、これまでにない試みで楽しめます。難易度も程よい(あくまで主観です)と思います。

できるならば、このまま使えるキャラとMSを増やし続けてもらいたいです。
バージョンアップ版でもいいのでお願いしたい( *´ω`)

シリーズファンなら間違いなくお勧めです!
posted by 竜田光生 | Comment(0) | TrackBack(0) | シミュレーション

2011年04月11日

白騎士物語 -光と闇の覚醒-

白騎士物語 -光と闇の覚醒-

レベル5開発のRPGです。結論から言うと、可もなく不可もなく……の評価に落ち着きました。かなりオンラインに軸足を置いた作品なので、オフラインだけの評価では厳しいところもあります。

システム周りはしっかりしています。ただ、これはほとんど『ファイナルファンタジー12』と同じとしか思えません。影響を受けている、と言えば聞こえは良いですが、拝借した感じは拭えません。主人公レナードとFF12の主人公ヴァンの共通点などを考えれば、これには納得がいくと思います。

ストーリーは『さらわれた姫様を助けに行く』一行で説明がつきます。基本的にプロットと呼ばれるものはなく、各シーンが細切れに繋がっている印象です。人物の掘り下げも浅く、その心情は読み取れません。借り物では心を動かすことはできない、反面教師的な教材になりそうです。

目玉の『変身』、工夫は見られますが戦闘はかなり大雑把です。「変身!」と言わせたかっただけな、取って付けた感じはちょっと笑えます。ほんとうに唐突ですから……(  ´ω`)

辛らつな意見を書いてしまいました。でも、かなり偏屈な楽しみ方ですが、ストーリーをないものとして、ひたすら戦闘に勤しめば楽しめます。あとはキャラクターエディット、これは素晴らしい。
posted by 竜田光生 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロールプレイング